クチコミの効果

クチコミの効果

物や商品を買うときの基準って人それぞれあると思います。
値段重視の人やデザイン重視の人、機能性や実用性が一番の人など、様々だと思います。

また何のカテゴリの商品なのかによってもその基準は変わると思います。
インターネットが普及して家にいながらネットで買い物ができるようになってから
消費者が購入するパターンには少し変化がありました。

ネットが普及する前の購入者の購買パターンはAIDOMA呼ばれていました。
AIDOMAとは

A→Attention(注目)
I→Interest(興味)
D→Desire(欲求)
M→Memory(記憶)
A→Action(行動)

の略称です。まずはコマーシャルなどで注目、知ってもらい、興味をもたせて
欲しいなと思わせといて、それを記憶してもらう。そのうえでお店に行った際に
その記憶を思い出させて購入してもらう。という流れです。

ですがネットの普及で今はAISCEASに変わりました。

A→Attention(注目)
I→Interest(興味)
S→Search(検索)
C→Comparison(比較)
E→Examination(検討)
A→Action(購買)
S→Share(情報共有)

大きく変わったのはCとSですね。ネットなので容易に他社と比較ができるように
なりました。またSの情報共有です。購入者が使った感想をレビューとして残せる
のです。クチコミ情報は私がもっもと物を購入する際に重視するポイントですね。

重要な物ほどクチコミを重視します。私は下半身に悩みをもっているのですが
薬などは使ってみた人の感想が大事です。
クチコミ評価でED治療薬をみる事はもはや必須ですね。