性的な欲求

性的な欲求
性欲に関して、一般的に子供から大人の身体に変化し発達成熟にともない、生殖能力を持つようになると"性の目覚め"が起こるとされていますが、このことは絶対ではなくその前から明確な性欲を抱く人もいると言われています。

この性欲については色々な学術見解によって位置付けがかわるからおもしろい。

宗教での伝統な位置付けでは、性欲は慎むべきもの、忌避すべきもの、警戒すべきものとされていることが多く、また、近年の生物学的・医学的な説明では性欲には男女で異なった周期性、ピークの時期が異なることが判明しています。

そもそも性的欲求は動物であれば性行為によって子孫を残すために当たり前の本能であるため、生殖相手としてふさわしい同じ種の異性に対して抱くものであるとされています。

実は、フェチズムはこの延長上のものであるという意見もあります。

人間の性欲は多彩な欲求との相互作用によって変化し学習するからだという説からきているとされる意見です。

このため、一言で性欲といっても個人差によっていろいろな形態が存在するのです。

ただし、不思議なことに人間だけではなく多くの動物で同性愛という生殖には考えられない性行動もあります。

そのなかでも、変態になるのは人間だけと言われています。