勃起機能

勃起機能
あまり知られていませんが、人間の身体の中では一酸化窒素が神経やその他の細胞から放出されることで体をコントロールしています。

その一酸化窒素が血管に作用すると、勃起につながる血管拡張の作用が起こることが分かっています。

まず、性的な興奮や感情によってこの一酸化窒素が増加し、血管の細胞、特に血管平滑筋細胞の中に入るとGMPという化学物質が合成される仕組みになっています。

このGMPが細胞中にたくさん溜まると血管が拡張子、海綿体に血液が流れ込んで勃起を促すという流れで勃起します。

しかし、普段の生活にて仕事や運動の最中に女性を見ただけで勃起してしまっては大変ですし、ずっと勃起の状態というのも困りますよね。

先に紹介したGMPは細胞内の酵素ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)によって破壊されることで、血管拡張の作用が解消され、勃起は収まる仕組みになっています。

ストレスや恐怖、緊張などを感じると交感神経系のシグナルが副交感神経系のシグナルよりも多く伝達されることで勃起を回避し萎縮した状態になることが分かっています。

一方、ペニスが刺激を受けた際には副交感神経系のシグナルが交感神経系のシグナルよりも豊富に伝わり、下腹部の血液が大量に海綿体に流れ込み勃起状態になります。

これこそが勃起のメカニズムなのです。